初めてのカメラにフィルムカメラを勧める5つの理由

こんにちは!


最近、雨がすごいことになっていますね・・


平穏な日常がいち早く戻ってきますように。


さて、iPhone11のカメラがすごいらしいです。


巷では、ボトムズやらタピオカと言われてたり。


スマホのカメラがあれば「カメラを別に持ち運ぶ必要が無い」


これは大きな魅力であります。


ただ、あれ、11万円もする。。


たっか!!


カメラのためだけに変えるなら、


普通にカメラを買うのも大いにありだと思う訳であります。


5万円でiPhoneより遥かに高画質なカメラを買って、


お釣りで海外旅行とか名案じゃない?


天皇陛下の即位を祝って、みんな散財しちゃいましょう!!


そして日本経済を回すのです。


(以前のこの記事も宜しくね↓)


「iPhoneでも十分だけど、カメラも気になる」って思う人へ


「いや、そもそもカメラを買うお金すらないんだが・・怒」


はい!!


そんな方を待ってました!!


一万円以下買える、楽しくて画質の良いカメラがあります。


本日のメインテーマ、「フィルムカメラ」でございます!!パッパカパーン


「フィルムカメラって何?」


その名の通り、フィルムを使うカメラです。


「ロストテクノロジーかなんか?」


現在もフィルムは生産されています。


カメラも中古で簡単に買えるんです。


私の愛機も1954年製だけど、バリバリ現役。

写真はというと・・・


「百聞は一見にしかず」


とりあえず、ご覧あれ↓

いかがでしたか?


他の作品はこちらのページに載せてあります。


今、僕は5台のカメラを持っていますが、撮ってて一番楽しいのはフィルムカメラ


取り直しが効かない上に、フィルム代などのコストがかかるからこそ


一枚一枚に気持ちを込めてシャッターを押す


カメラ片手に、どう絵を切り取ろうかと考えながら毎日を歩く


そうすると、日常を見る視点が変わり、日常がよりドラマチックになっていく。


そして、現像するまで見れないワクワク感


通販で頼んだものが届くまでってワクワクしない?


それと一緒。笑


先ほど値段について少し触れましたが、フィルムカメラって本当に安い


こんなに楽しくて、(人生変わるのに)一万円以下とか不当に安い


飲み会3回分、合コン2回分。


ピッピ(彼氏)におねだりしてみてもいいかもね。


カメラを首から下げてる女子は可愛い


フィルムカメラを下げてたらそれは「絶景


とりあえずカメラ店行って、首から下げてみよう。


多分買ってくれる。


(すぐ話が逸れる悪い癖)


私の初めてのフィルムカメラはPentax MEという機種↓


どう?可愛くない?


ピント合わせも簡単だし、シャッター押すだけで撮れる


上のスライドショーもほとんどがこれで撮った気がする。


それでいてお値段・・・・・


8000円!!


あーーもう不当に安い


買うしかないでしょ。


ただね、新しい趣味を始めるにあたって怖いことがあるよね。


そう、「飽き」


すごいハマったと思ったら賢者モードに入るあれね。


「私、すぐ飽きるから新しいことに挑戦できない」


確かに8000円と言えど、飽きてしまえば金をドブに捨ててるようなもの。


そんな人は諦めた方が良い・・・


とはならないのがフィルムの世界なんです。


ここで登場、「写ルンです」センパイ!!


誰でも一回は聞いたことあるんじゃないかな。


使い捨てのフィルムカメラと言えど、意外と侮れません

写真はこんな感じ。


かなりエモエモ。


これでいて1200円


気軽さ、手軽さはこの世のどのカメラよりずば抜けていると思う。(使い捨てだからね)


フィルムの楽しさを教えてくれます。


もうさ、言い訳できなくない?


写ルンです買うと思うからリンク貼っとくね。


アマゾン

楽天





「初めてのカメラにフィルムカメラを勧める5つの理由」


って題名に書いたけど、おさらいがてらまとめるね。


楽しい:「写真を撮るって楽しい」って気づかせてくれる。

安い:何回も言うけど不当に安い。

手軽に始められる:写ルンですから始めよう。

操作は簡単:スマホ級。慣れてきたらステップアップ。

デザインがかわいい:「絶景」




以上!!読んでくれてありがとうございました。


実際にフィルムカメラ欲しいってなったら、ご連絡下さい


お伴します。


ムタが来て欲しくない方向けに、


「初めてのカメラの買い方 ~フィルムカメラ編~」


って記事も準備してるからもう少しお待ち下さい。


では!





 

© 2020 All rights reserved.

​©︎2020 プロデューサーTomoaki Muta